四季

四季

これはロシアのしきのおはなし。ちょっとのぞいてみよう。

ちょっとのぞいてみよう。

冬 -winter-

冬
冬
冬
冬

冬のはじまり
ロシアの冬は、魔物が住んでいる。
しずまりかえるゆきやま。みみをすますと、きーんと音がきこえてくるよ。こごえる冷気、大地をゆらす、ふぶき。やがて魔物がすがたをあらわす。つめたくうつくしいふえの音に、こころうばわれる。

4にんの精
冬の精たちがおどっているよ。
しもは魔法でこおりのはなを咲かせる。 こおりはかがやき、ひえたこころをとかす。あられはいたずらっこ、コツコツ。ゆきはしっとり、つつむようなやさしさ。
愛らしい冬のすがた。

冬のおわり
2にんの小人グノーム。火石でまきに火をつけると、冬におわかれ。ねむっていた生命がめをさます。春をつげるつのぶえとハープは、はなをよぶ。
あたたかな光のよかん。

春 -spring-

春
春
春
春


春がやってきた。
春のまわりには、はなが愛らしく咲いている。あざやかなバラ、ことり、そよかぜのゼピュロス。あたたかな光に包まれおどる、ゆめのせかい。

やがて熱がちかづき、春を夏にかえるよ。

夏 -summer-

夏
夏
夏
夏
夏

夏の情景
春から夏へのグラデーション。
大地にねっぷうがふくと、むぎの葉がゆっくりと波うつ。そらはあおく、生命のいぶきをかんじる。かがやきのきせつのはじまり。

ワルツ
ふかいあおむらさきの矢車菊と、あざやかなあかのケシ。ちいさな矢羽は上品で、こころをいやす。赤いはなびらは陽気で、ふわりとゆれる。かぜに吹かれておどるすがたは、ゆうがなワルツ。

舟唄
森のおくでみつけたしんぴのいずみ。そこに住まうは、みずの精ナーイアス。すいちゅうにさしこんだ光は、きらきらはんしゃする。 あわにふれれば、はかなく消えてしまう。ナーイアスのやさしい歌声に、こころうばわれた。

とうもろこし
とうもろこしの精。あたたかいひざしを たっぷりあびたその実がはじける。土のにおい、こどものわらいごえ。みんなに見守られ、たのしくあそんでいるよ。

夏のおわり
むぎの葉がみだれる。ふえの音とともに やってきた、サテュロスとファウヌス。
いたずら好きなやっかいもの。はなをおいかけると、そよ風がたすける。やがて2人がつかれて大地にかえると、ぶどう畑がみえてきた。

秋 -autumn-

秋
秋
秋
秋
秋

バッカナール
秋がきた。
飲めやうたえやおまつりさわぎ。おさけと収穫の神バッカスをたたえよう。おうごんのはっぱ、かがやくぶどう酒。まちわびたよろこびのきせつ。みんなわれをわすれておどるのだ。

小アダージョ
秋のよるはせつなくにがい。つきのひかりはやさしく儚い。ときが止まったかのような、ゆめの中。あの日のことを、おもいだす。

秋のおわり
おどりもいよいよおわり。サテュロス、むぎの葉がかおをだし、次々とものがたりがよみがえる。やがてかれはの雨がふりそそぐと、くらやみがやってくる。

アポテオーズ
そらにひろがる満天のほしぞら。グノーム、ナーイアス、サテュロス。すべてが星座となってよみがえり、大地をてらす。大団円のフィナーレ。

オマージュ:アルフォンス・ミュシャ『四季』(1897)

ページトップ

  • facebook
  • Instagram
  • Twitter
  • Youtube